post-thumb

かけだしフリーランサーのためのビジネスブランディングガイド【副業】

こんにちは!めお(@meeowmiya)です。ボストンでフリーランスイラストレーターとして生計を立てています。

今年も終わりに近づき、1年を総まとめして終わらせる時期になりました。

師走、忙しすぎて何から手をつけていいかわからないよ!

本記事ではこういったフリーランサーの疑問にお応えし、 年末チェックリストを作成して3つのステップに分けてご紹介します。

ターゲット層を明確にする

Follow your niche to get that rich
(ニッチを追いかけてリッチになろう)

マーケティングの世界では、「すべての人に向けて話していても、実際には誰にも話していない」という古い言葉があります。

まず、ターゲット層から始めて、ニッチを決めましょう。

副業やフリーランスを始めたばかりの人に「あなたのターゲット層は誰ですか?」「誰にサービスを提供したいですか?」と尋ねると、多くの人が「すべての人を顧客にしたい」と言います。

すべての人にサービスを提供しようとすると、莫大な費用がかかるだけでなく、ただのジェネラリストになってしまい、何も知られなくなってしまいます。

ターゲット層の絞り方

まずは、誰にサービスを提供したいのかを考えてみましょう。

そして、その人について具体的に考えてみましょう、例えば、

  • 名前はエマで、東京に住んでいます。
  • カフェ巡りやレストラン巡りが趣味で、特にコーヒーが大好き。
  • 大勢よりも一人が好き
  • インスタで食レポするのににハマっている

メッセージやコンテンツを作るときは、相手を理解し、相手のストーリーや困っていることを理解し、相手が本当に解決したい問題を解決します。

「この人は私のことを本当に理解してくれている」という印象を与えます。そして、彼らに価値を感じてもらい、注目してもらうことができます。

だからといって、他の人にサービスを提供できないわけではありません。

ですが、メッセージングはエマに関するものでなければなりません。

あなたにとっての成功を定義する

次に、自分にとって何が重要なのかを定義します。

そうしないと、何が成功なのかわからなくなってしまうからです。

そして、小さな成功に集中することです。

例えば、以下のようなものです。

  • ウェブサイトを持つことはその最初のステップです。
  • 最初の顧客を得る。
  • 最初の10人の顧客を獲得する。

そうすれば、雪だるま式に成長していくでしょう。

小さな成功体験で考える

多くの人は「やらなければならないことがたくさんあって、どこから始めればよいかわからない」と言います。

あれもこれもと大きく考えるのではなく、目の前の小さな成功体験のために何ができるかを考え、それらをこなしていくことで成長していきます。

もし私が1週間の間にやらなければならないことをすべて考えていたら、「今日はこれをやらないでおこう。今日は無理だな」と思ってしまいます。

ユニークであること

自分のビジネスをブランディングする際には、ユニークさを活かしたいものです。

  • 自分のサービスの何がユニークなのか?
  • 何が私を際立たせているのか?

あなたのサービスはユニークでなければなりません。

ただのコーヒーショップはたくさんありますが、コーヒーとスケートのショップはないでしょう?

他の店とは違うものにしたいですよね。ありきたりなサービスは、競争が激しく、コモディティ化しやすいからです。

だからこそ、独自のブランドを構築して、フォローしたいと思われるような存在になるべきなのだと思います。

ブランディングのためのSNS術

ブランドのメッセージを届けるためには、SNSを活用するといいでしょう。

SNSは自分のブランドやリーチを拡大するのに非常に効果的です。

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、そして地元企業であればグーグルも忘れてはいけません。

それぞれのSNSであなたのサービスのユニークさをアピールしましょう。

あなたのお店に足を運び、お金を使ってくれるターゲット層に向けてメッセージするイメージです。

まとめ

以上「かけだしフリーランサーのためのビジネスブランディングガイド」でした!ビジネスにおいてはブランドがすべてであり、ビジネスをどのようにブランディングするかは、非常にホットな話題です。ぜひ参考にしてみてください!

「役に立った」と思っていただけたら、シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!

参照リンク: A Beginner's Guide to Branding Your Business - GoDaddy (CC BY 3.0) 2019
本記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(Creative Commons license / CC license)に基づいて編集しています。
記事内の画像・デザインや映像の権利は個別のライセンスにより保護されている場合があります。

あわせて読みたい