post-thumb

海外デザイナーが使える無料素材サイトをジャンル別にまとめました【商用利用可|保存版|随時更新】

こんにちは!めお(@meeowmiya)です。本記事では、

オススメのデザインリソースってないかな

こう言った疑問にお答えして、ブログ、SNS投稿、プレゼン、図解、動画に役立つ無料素材配布サイトを30個まとめました。

どれも初心者でもプロ仕様のコンテンツがサクッと作れる有料級の素材サイトです。

  • ヘッダーやアイコンを充実させたい
  • 「おおっ!」と言わせるコンテンツを作りたい
  • プレゼンや図解を華やかにしたい

という方は一度チェックしてみてください!

アイコン

プレゼンや図解などにお使いください。

Noun Project


オープンソースでアイコンを網羅。シンプルな白黒アイコンが揃っています。アイコンのGoogleです。

Flaticon


オープンソースのアイコンライブラリ。様々なアーティストのアイコンをダウンロードできます。検索時に"free"のチェックを忘れずに。

Font Awesome


Webサイトのアイコンとかで一番使われるやつですね。企業ロゴなどをカバーしているのが良いです。

Icooon Mono(日本語)


バリエーション豊富でマニアックな状況もカバーしているのがいいですね。Noun Projectの日本語版といったところでしょうか。

イラスト

ヘッダーやnote、プレゼンや図解にもオススメ。イラレ、フォトショ使用者は更に幅が広がると思います。

Undraw


UI/UX系多めでシンプルかつ遊び心のあるデザインが特徴。ベクター(SVG)でも落とせるのでイラレで編集自在です。

Ouch!


ポップなイラストをベクターでダウンロード可能。アメコミ、カラフルが好きならぜひ。

Linustock(日本語)


シンプルな線画イラストです。

Loose Drawing (日本語)


線太め、シンプル、色ワンポイントが好きならぜひ

Free Illustrations XYZ


こちらもスタイルが豊富なのが特徴でアイテム中心。aiやfigmaファイルでもダウンロード可能

Open Peeps


これだけでアメコミ描けるんじゃないかというぐらい豊富な人物イラストのライブラリ。アメコミ手描き風なのがユニーク

ちょうどいいイラスト(日本語)


読んで字の如く、使い勝手の良いちょうどいいイラストです。

illlustrations


フラットなアイテムが多めなライブラリ。スタイルも割と豊富。Lは3つです。

Lukasz Adam

リンクはこちら

ウェブデザイナーLukasz Adamの個人サイトで一部イラストを無料配布しています。他にないユニークな線画が特徴

Drawkit


イラスト、アイコンを揃えています。ベクター(SVG)も使用可能で商業利用フリーの素材も。ポップ・カラフル好きの方にオススメ。パッケージも必見です。

Humaaans


デザイナーPablo Stanleyによる色んなシーンでの人物ライブラリ。完全オンラインで髪型・色などカスタマイズ可能。最小バージョンは無料でダウンロード可能です。

Open Doodles


ユニークなスタイルの人物イラスト。線太めのスケッチ風。SVGもダウンロード可能です。

IRA Design


グラデーションのあるイラストをお探しの方に。完全オンラインで色のカスタマイズ可能。背景・人物・アイテムとライブラリが分かれているのも〇

Pixel Squid

リンクはこちら

360°好きなアングルで透明背景でダウンロード可能。無料版はwatermark付き。カバーしてないシーンないんじゃないかというぐらいアイテムが豊富

3Dイラスト

個性的なデザインで差をつけたい!という場合は3Dをオススメします。

isoflat


物語や人物のいるアイソメトリックイラストがメインです。

Handz.design


手の3Dイラストに特化。リグ付きblenderファイルなので3Dが使えるなら手の形も自由自在

Toy Faces


3DデザイナーAmrit Pal Singhによる3D風顔アイコン。無料限定版をpsdでダウンロードできます。有料版は有名人のイラスト付き。宮崎駿やフリーダカルロ、かわいいです。

3D shapes pack

リンクはこちら👇


イラレ・フォトショしかないけど3D要素使いたい!という方に。プリミティブシェイプ(立方体、球、トーラスなど)のpngをzipファイルでゲット

isometric love

リンクはこちら

アイソメトリックなアイテムなんでも。VoxelとSmoothという3D好きにはたまらない選択肢付きです。淡い色合いがかわいい。

写真

ヘッダーなど大きな画像や、動画や写真合成にも。

Canva

写真素材のイチオシです。7,500万点以上の素材が使いたい放題です。透明背景もあり、すぐに使えます。

Unsplash


プロカメラマンによるオープンソースライブラリ。テンプレや素材も多数です。操作性が良い

Freepik


イラストから写真まで幅広くカバー。オープンソースなので様々なアーティストが参加していて、psdやsvgも落とせます。有料版も含まれているので検索時に"free"をチェックするのを忘れずに

BEIZ images(日本語)


背景に使える高画質フリー画像。商用利用も可能です。動画、写真合成、ヘッダーに!

PAKUTASO(日本語)


日本語で検索できるって最高ですね。他と比べて日本人、アジア人の人物が圧倒的に多いです。

まとめ

以上「海外デザイナーがSNSに使える無料素材サイトをジャンル別にまとめました」でした!ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

「役に立った」と思っていただけたら、シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介もとても嬉しいです!

あわせて読みたい