post-thumb

暑い夏でも快適に夜通し眠るために買ってよかったアイテム5選【夜中起きる|寝苦しい|暑さ|眠れない|眠りが浅い|Amazon|アマゾン】

こんにちは!めお(@meeowmiya)です。

本記事では、暑い夏でも快適に夜通し眠るために買ってよかったアイテムを5つご紹介します。

もともと眠りがかなり浅く、ストレスが続くと全く眠れない日もあるぐらいひどい時期もありました。

そんな私でも、色々なアイテムを使い、夜8時間一度も起きることなくぐっすり眠りとおすことができるようになりました。

睡眠こそ最強の解決策である
マシュー・ウォーカー (著)
SBクリエイティブ
Amazon.co.jpで購入

それでは詳しく見ていきましょう。

エアサーキュレーター

ただの扇風機に見えるこちらの商品ですが、実は扇風機の100倍ぐらい効果があります。

正直、このアイテムを購入して以来体感温度が2-5度ぐらい落ち、エアコンをつける時間が半分から3分の1ぐらいに減りました。

仕組みとしては風を起こすだけなのですが、空間内で空気の循環を促すことを第一として作られており、常に爽やかな風が入ってきているような状態を作ることができます。

わが家は最初、Vornado 660を(間違えて)購入し、必要なサイズよりかなり大きな部屋に対応しているものが届いてしまったのですが、風量を弱くすれば夜でも問題なく眠れるぐらいの音&温度です。

送風機の電気代はクーラーの10分の1と言われています。

  • クーラーの風が苦手な方
  • 電気代を抑えつつ快適さも妥協したくない方
  • 体感温度を下げたい方

このような方はぜひ試してみてくださいね!

口閉じテープ

もともと喉が弱く、寝るときはマスクをしていました。

しかし、夏場は汗で蒸れてマスクがかかる耳の裏の皮がむけてしまい、痛くてマスクをつけられない…

こういったタイミングで口閉じテープに切り替えたところ、マスクにはなかった次のようなメリットがありました。

  • 睡眠時の口呼吸がなくなった
  • いびきをかかなくなった
  • 夜一回も起きずに眠れるようになった
  • マスクと違って朝まで外れず、喉の調子が更によくなった
  • 汗やムレでの怪我がなくなった

理由はわからないのですが、夜中一回も起きなくなったことが特によかったです。

枕元に箱ごと置いておけば寝る前にカンタンにつけられ、ホテルや飛行機など出先にも気軽に持参できます。

一度快適さを覚えてしまってからは、睡眠時欠かせない必須アイテムになりました。

膝下枕

10年程前から反り腰で悩んでおり、そのせいでぽっこりお腹なのを本気で改善するために購入

寝ている間に反り腰が改善されるため、快適に一日のスタートを切ることができますし、就寝時・起床時にかかわらず、腰痛も大幅に改善できました!

遮光カーテン

朝に窓から光が入ってこないようにするだけで睡眠の質が爆上がり、夏でも冬でも手放せないアイテムです。

プライバシーはもちろんのこと、夏場だと光が入ってきて部屋の温度が上がり、寝苦しくなる…なんてことも遮光カーテンであれば防げます。

オシャレな色のものも種類豊富に出ているので、要チェックです。

アイマスク

遮光カーテンをしていても、スキマからどうしても朝日がはいってしまうため、アイマスクも合わせて使います。

寝る前からつけていると暑いので、朝日で起きてしまった場合のみ着用

ゴーグルのように目の下がクッションになっているものを選ぶと特に光をシャットアウトできてオススメです。

まとめ

以上「暑い夏でも快適に夜通し眠るために買ってよかったアイテム5選」でした!

「役に立った」と思っていただけたら、シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介もとても嬉しいです!

あわせて読みたい