post-thumb

メディカルイラストレーション大学院受験で必要な単位を取得する方法

こんにちは!めお(@meeowmiya)です。アメリカでフリーランスメディカルイラストレーターとして活動しています。本記事では

メディカルイラストレーション大学院受験に必要な単位の取り方を知りたい!

という疑問にお答えし、私がメディカルイラストレーション大学院受験のために必要な単位を取得した方法をまとめました。

学部での専攻は不問ですが、基礎科学の単位を取得していることが出願条件です。

日本では理系学部に通っていないと全ての単位を取得することはなかなか難しいですが、大学に通っていない・基礎科学のこれらの単位に気軽にアクセスできなくても、単位取得する方法はいくつかあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

必須取得単位

メディカルイラストレーション修士課程への出願のために大学で以下を達成することが条件です。

  • 学部卒、GPA 3.0以上
  • 基礎化学
  • 解剖学実習
  • 生理学
  • 以下より二科目以上で単位取得:細胞生物学、発生生物学、分子生物学、免疫学、組織学

学部での専攻は不問ですが、GPAの最低ラインがありますので、成績の悪い方は授業・試験をきちんと受けて好成績の単位を増やし、GPAを底上げする必要があります。私は大学2年前半まではあまり真面目に通っていなかったため、その後ぜんぶの授業を全力で受けてフル優にすることでどうにかGPAを間に合わせました😅

アメリカやカナダの学生は学部に関係なく、大学のサマースクールなどで短期的にこれらの単位を取得することができる、という前提で設定されている必須科目ですので、学部によっては日本では単位取得が簡単ではありません。

私はもともと理学部に通っていたため、ほとんどの単位を在学時に取得することができました。

しかし学部で開講されていない授業については他学部・他学科で受講し、実習では教授に直談判する必要がありました。

中でも特に、ネコ・ウサギなどの哺乳類か、人体解剖実習が要求される解剖学実習は農学部や医学部でしか開講されておらず、難関でした。

誰にでも開かれているわけではないため、講師に直接連絡をとって会いにいき、事情を話して直談判することで幸運にも授業に参加することができました。

必須単位を取得する方法

大学に通っていない・基礎科学のに気軽にアクセスできなくても、実習が必要ない場合は、単位取得する方法はいくつかあります。

  1. 放送大学などのオンライン講座を検討する
  2. 3年次編入を検討する
  3. 独学し、何かしらの試験(GRE Subject Testなど)で代替可能か交渉する
  4. サマースクールへ短期留学する

①通信制大学などのオンライン講座を検討する

国内外でオンライン講座を修了することで、学位を取り直さなくても安価で短期的に単位を取得することが可能です。

特に地方在住で、アクセスできる授業が少ない方にオススメです。

日本では放送大学などが有名ですが、私が見たときには必須科目は開講されていませんでした。

通信制大学・大学院 放送大学

また、世界のトップ大学がオンライン学習講座を提供している教育プラットフォームがいくつかあり、学位取得しなくても授業ごとに単位を取得できるものがあります。

MBAや修士取得のコースが多いですが、授業ごとにCertificate (単位取得証明書)を発行できるコースもあります。

どのみち入学してしまえば英語での授業になるので、英語で受講して慣れておくのは悪いことではありません。

Coursera(コーセラ)
スタンフォード大学、イェール大学、ミシガン大学の他に、日本の大学では東京大学がCoursera(コーセラ)に参加しています。

edX | Free Online Courses by Harvard, MIT, & more | edX
edX(エデックス)はマサチューセッツ工科大学とハーバード大学が立ち上げたプラットフォームで、日本からは京都大学が参加しています。

②3年次編入を検討する

既に大学を卒業している・転部が可能であれば、必要単位を取得できる大学に3年次編入するのも一つの手です。

大学に入り直すよりも簡単で安価な上、どのみち留学準備には3年以上を覚悟した方が良いのであまりロスにはならないかと思います。

3年次編入の手続きは各校によって様々なので、志望校の入学課に連絡し、希望の単位がとれること、3年次編入が可能なことを確認するところからスタートすると良いと思います。

③独学し、何かしらの試験(GRE Subject Testなど)で代替可能か交渉する

こちらの記事で詳しく解説していますが、日本とは違い、北米では募集要項を交渉することができます。

どうしても単位取得が難しい場合は、本質(科学の基礎知識があることを証明すること)を満たしてさえいれば、単位取得以外の方法でも「大丈夫」と言ってもらえる可能性は高いです。

志望校の入学課と相談し、他の方法がないか打診することは可能です。

例えば海外大学院におけるセンター試験のような役割を果たすGREの専門科目(Subject Test)で高得点をとることで代わりにしてもらう、などは可能性のひとつかと思います。

④サマースクールへ短期留学する

繰り返しになりますが、これらの条件は、大学のサマースクールなどで短期的に単位を取得することができる、というアメリカやカナダの学生対象に設定されています。

そのためサマースクールへの参加条件を満たすことができれば、留学して単位を取得することが可能と言えば可能です。

しかし一夏での取得はおそらく難しいため何年かかけてサマースクールに通うことになりますし、フルコミットしないといけないため、あまりコスパが良いとは言えません。

どのみち英語での大学院生活になるため、少しずつ慣れることは悪いことではありません。

まとめ

以上「メディカルイラストレーション大学院受験で必要な単位を取得する方法」でした!

単位取得はフルコミットは必要ですが、達成できる人もそう多くなく、色々と工夫すればできなくもありません。

「役に立った」と思っていただけたら、シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介もとても嬉しいです!

あわせて読みたい