post-thumb

人生設計から逆算、フリーランス単価を決める新しいアプローチ【副業|単価設定|相場】

こんにちは!めお(@meeowmiya)です。

フリーランスの単価ってどうやって決めたらいいの?

こう言った疑問にお答えします。

この記事を読んで得られることは次の通りです。

  • フリーランスの本質を学べる
  • 本質と自分の場合に沿った意思決定のやり方がわかる
  • フリーランスとしてのキャリアアップをイメージできるようになる。

ほとんどの人がスキルやクライアントに合わせた単価設定をしますが、 単価に見合ったスキルやクライアントを探す方が理にかなっています。

自分の目的に合った単価は「人生設計から逆算する」ことで自然と導くことができます。

それでは詳しく見ていきましょう。

理想の人生を考える

自由時間を増やしたい人が「年収1億稼ぐ努力」をしても「自由時間」は増えません。目的に合った人生に合わせて

  1. 現在地
  2. 目標
  3. 目標達成のために稼ぎたい金額
  4. 目標達成のために働きたい時間

を分析すると、年収、時給、仕事時間は自然に導くことができます。

理想の人生に合わせて単価を逆算する

  1. 25歳既婚。パートナーの年収500万円
  2. 30歳で子どもがほしい。育児しながら安心して養育費を貯めたい
  3. そのためには世帯収入1000万円ぐらい必要
  4. 子どもがいたら働けるのは週20時間ぐらい
  5. 週20時間で年収500万円
  6. 結論:あと5年で時給5000円になる

こんな感じです。現段階ではスキルや実績は無視してオッケーです。

目標の単価にたどり着くには

先ほどの例では5年で時給5000円レベルのフリーランサーにならなければいけないことが明確化できました。

あとは時給5000円レベルのフリーランサーに必要なスキルや商品を揃えます。

「スキル→単価」から「単価→スキル」に考える順番を変えるだけで、努力ややることの幅はぐっと狭まり、目標達成がかなり現実味を帯びます。

人生設計から単価を逆算するメリット

人生設計から単価を逆算する方法方法を使うメリットは2つ、方向性が決まって目標が実現しやすくなることと、成長率をあげられることです。

①方向性が決まって目標が実現しやすくなる

大きな目標を達成するには計画と戦略が不可欠です。

未来の単価をいったん決めてしまうことで、詳細な計画と戦略が立てられるようになります。

そのため、理想の人生をよりリアルなものにでき、目標達成へのハードルがぐっと下がります。

②成長率をあげられる

人生設計からの単価の逆算はスキルに関わらず単価を決めるのがポイントで、狙える単価は青天井です。

逆に、今の自分の市場価値から単価を決めると、単価の限界がスキルによって決まります。

人生設計からの逆算では、無理めな目標を達成することで爆速で成功できるように考え方をシフトします。

まとめ

以上、人生設計から逆算、フリーランス単価を決める新しいアプローチでした!

1年後、3年後、5年後にどんな単価で働き、どんな仕事をしていたいかを実現できるチャンスを秘めていると思うと単価を考えるのも楽しくなりますよ。

「役に立った」と思っていただけたら、シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介もとても嬉しいです!

「人生設計から逆算する」という考え方は、👇の書籍で学びました。

「世界を旅して、いろんな経験を積む」というゴールのために「週4時間だけ働く」人生を設計する著者の体験談です。

「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス (著), 田中じゅん (翻訳)
青志社
Amazon.co.jpで購入

あわせて読みたい