post-thumb

子供の人生に悪影響を与える8つの毒親発言【心理|共通点|子供は将来どうなる?|意志】

こんにちは!めお(@meeowmiya)です。

子供は常に親からの愛を受けるべきです。

しかし、その親が毒親だったらどうでしょう?

2008年、米国保健社会福祉省の児童家庭局は、5万人以上の子供たちが正式に精神的虐待の被害者として数えられていると報告したと言ったら、あなたはどう感じますか?

傷つける言葉は、悪気があってもなくても、短時間から一生ものまで、傷跡を残します。

傷つく言葉は、親などの大切な人から発せられることもあります。

精神的・感情的なダメージは、多くの人に悪影響を及ぼします。特に子供はそうです。

親が子供を育て、子供の周りでどのように振る舞うかによって、子供の人格や自尊心を形成する基本が形成されます。

では、 親や養育者が毒親であるかどうかは、どうすれば分かるのでしょうか?

ここでは、子どもの人生に影響を与える毒親の発言を8つ紹介します。

①外見に対する攻撃的な言葉

「お前は不細工だ」、「太りすぎだ」、「背が低い」、「痩せすぎだ」など。

外見に基づいて子どもを貶めることは、子どもの身体的な不安やボディイメージへの心配を増大させるだけです。

その結果、摂食障害などの深刻な心の問題につながる可能性があります。

親は、外見がどうであれ、自分を愛する方法を子供に教えるべきです。

②「どうしてそんなに変なことをするの?」

例えば、「どうしてそんな風に歩くの?」「そのような噛み方をするの?」「そのような動きや話し方をするの?」など。

子供は親の言うことを何でも信じる傾向があるので、 このような皮肉な質問や発言は、子供に「自分には何か問題がある」と感じさせます。

これでは、大人になってからも、人前で自分らしさを発揮することは難しくなります。

他人に笑われるのではないか、欠点に気づかれるのではないか、という不快感や恐怖感に囚われることになります。

③存在を否定される発言

「生まれてこなければよかった」、「中絶すればよかった」、「産んだことを後悔している」、「別の子だったらよかった」。

親は子供にこのようなことを言ってはいけません。

そもそも自分はこの世に存在するはずではなかった、生きている価値がないと感じさせてしまいます。

このような発言は、子供や人間にとって非常に有害です。

このような発言は、子どものアイデンティティーを失わせ、自傷行為や初期のうつ病の原因となります。

親は子どもたちに愛されている、価値があると感じさせるべきです。

④子供を負担に感じさせること

「お前にはお金がかかりすぎる」、「お前の世話をするのはとても大変」、「お前がいると疲れる」。

親が子供にこのようなことを言えば、子供は重荷に感じるでしょう。

そうすると、 子供は自分が必要としている感情や問題を無意識のうちに隠してしまうことになります。

愛情の欠如や物質的なものが原因で、盗みや虐待に走る子供がいるというデータもあります。

⑤他人と比べる

「どうして兄弟やいとこ、他の子供たちのようにできないの?」「他の子はあなたより優れているのに」

これは子供の 自尊心を大幅に低下させ、どんなに努力しても自分には無理だと思わせてしまいます。

また、 他人と比較することで、他人に嫉妬や恨みを感じて不信感を持つようになってしまいます。

独立したアイデンティティを築く権利を平等に与えられるべきです。

⑥罵詈雑言

「お前はバカだ」「使い物にならない」「お前は負け犬だ」「お前は絶対に成功しない」。

このような発言は、子供の自尊心を傷つけます。

親は 子供が自分を信じるように励ますことが大切です。

⑦「見捨てる」と脅される

「捨ててやる」「置いてやる」「消えてやる」。

これにより、愛する人たちが自分を捨ててしまうのではないかと恐れてます。

子供が成長すると、この信念は無意識のうちに心に刻み込まれ、 相手が去ってしまうことを恐れて、人間関係を信頼できなくなってしまいます。

⑧守れない約束

「これをしてくれたら、あれを買ってあげる」や「今度、あそこに連れて行ってあげる」など約束しても、やってくれない。

親が約束をしても守らないと、子どもの信頼を失い、裏切られたと感じてしまいます。

守れない約束をすることは、人を信じてはいけないということを子供に教えます。

結論として、言葉は肉体的には害がなくても、精神や感情には大きな害を与えます。

まとめ

以上「子供の人生に悪影響を与える8つの毒親発言」でした!

子供時代の経験は、私たちの人格、行動、信念を形成します。

あなたは、これらの虐待を経験したことがありますか?

そのことについてどう感じていますか?

もし悩んでいるのならば、カウンセリングや専門治療を受けてみることをおすすめします。

「役に立った」と思っていただけたら、シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!

参照リンク: 8 Toxic Things Parents Say To their Children - Psyche2Go (CC BY 3.0) 2019
本記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(Creative Commons license / CC license)に基づいて編集しています。
記事内の画像・デザインや映像の権利は個別のライセンスにより保護されている場合があります。

あわせて読みたい